【2023年版】
富士登山に最適な
ザック・リュックの選び方
機能、容量とおすすめの紹介

まとめ
  • ザックの容量は日帰り20~25L、一泊小屋泊まりの場合30L程度が目安
  • 普段使いを考えるならジッパー式が便利だが、登山においては雨蓋式の方が都合が良い
  • 背負うタイプは腰タイプがおすすめ(特に下りで差が出る)
  • 男性用、女性用ザックがある。
  • 長時間背負っても違和感が無いものを

 

ザックは登山の三種の神器の一つ

富士登山のザックの選び方

出典:ドイター

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

登山の三種の神器の一つであるザック(リュックサック・バックパック)。富士登山に最適なザック・リュックの選び方(機能、容量)とおすすめを紹介します。防寒着や飲み物や行動食などを入れるために、登山には欠かせない道具です。

ザック・リュックの選び方

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

いままでに富士山に登る中で多くの登山者の方々を見てきましたが、他の山域と異なり、日ごろ使っているデイバック、年季の入った登山用ザック、最新の登山ザックなど様々なザックが見られるので、いつも面白いな、と感じます。

ここでは富士山をより快適に登るためのザックの機能や容量について解説します。

 

「NHK にっぽん百名山 富士山」(2013年)に出演された
富士登山ガイドのエキスパートの野中径隆さんによる
”登山・トレッキング用のザック、リュックの選び方”の講義

 

ザック(リュックサック・バックパック)を選ぶ上で重要なポイントは、

  • ザックのタイプ
  • 容量
  • 背負うタイプ
  • 開閉形式

になります。

ザックのタイプ

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

荷物を持ち運ぶのに、手下げ式、肩がけ式、背負う式などさまざまありますが、数時間に及ぶ富士登山では背負うタイプがおすすめです。

荷物は背負うのが基本

IMGP1237

富士山は登山時間が数時間にもなり、ルートによっては所々手を付いて登る場所もあります。登山中は両手が空いている(もしくはトレッキングポールを持っている)状態が理想的です。

 

容量は日帰りは20~25L、山小屋泊は30L程度が目安

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

日帰りの場合は20~25リットル程度、山小屋泊は30リットル程度を目安に用意すると良いでしょう。

「日帰り」と「山小屋泊」」で荷物量が違う

ザックの容量(大きさ)の目安は、日帰り登山と山小屋泊で異なります。日帰りの場合は20~25リットル程度、山小屋泊は30リットル程度を目安に用意すると良いでしょう。日帰り登山の場合はそれほど荷物は増えませんが、山小屋泊の場合は行動食や嵩張る防寒着が増えます。

特に女性は寒がりで女性ならではの持ち物もあるため、何かと荷物が増えるようです。小さく収納できる登山用の防寒着ではなく普段着を持ってく方は、30リットルでもギリギリになる場合がありますので、35リットル程度でも良いのではないか、と思う方もいます。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

パンパンに荷物を入れると、中の行動食が潰れたり、荷物を取り出してまた中に入れる時に苦労するので、多少余裕サイズ選びおすすめです。手持ちのザックの容量がわからない場合は、登山前にすべての荷物を入れて確認すると良いでしょう。

 

経験談

因みに、私は今までの富士登山で日帰りだと30リットル程度、1泊以上の場合は30~40リットル程度の容量に余裕のあるザックを使ってきています。私の装備の場合、日帰りで30リットルはかなり余裕あり、1泊以上で40リットルだと結構容量が余ります。

 

子供・高齢者連れの方へ

子供・高齢者と一緒に登る場合、疲労や高山病の発症(肺活量の小さい子どもは大人より発症率が高い)ため、登山途中で余力のある親や同伴者が代わりに背負うことになることも十分ありえますので、自分の荷物+アルファの容量のザックを選ぶのも一つの選択肢です。(1泊でも雨蓋式の40リットルザックであれば、なんとか2人分入れらると思います)

 

登山業界の裏話…

以上、容量の目安について記載しましたが『容量が30リットルと書かれていても、実際には30リットル分入らないザックも多い』と業界関係者から聞いています。(この内容は一般の方はほとんど知りません。業界関係者でもある程度の経験年数ある方じゃないと知らない内容です) 興味のある方は、下記内容もご参考になさってください。

【余談】え!?30リットルなのに30リットル入らない?ほとんど知られていないザック業界の裏事情

ザックの容量は、各社 〇〇30、〇〇40、などと、ザック名+数字でそのザック容量を示しています。2009年からアウトドア業界に関わるようになり、様々なザックを見てきたある時、陳列されているあるメーカーのザックを見た時「これ、60と書いているけど、なんか小さくないか?」と疑問に感じることがありました。その後、日本のザックメーカーであるセロトーレの社長とお話する機会があり、各メーカーのザック容量が実際と異なる現状を教えていただきました。以下、セロトーレのWebサイトにも記載されている内容ですが、一部抜粋して紹介させていただきたいと思います。

○どのザック(リュックサック)も同じ容量表示だけど、本当に同じ大きさ?並べてみると大きさが全然違うけど、本当に同じ容量が入るのだろうか?

表示されている容量より1割ほど小さい(表示より大きなザックはまず有りません)程度なら目安の範囲としても、2割どころか3割以上も小さかったとしたら、もはやその容量表示は優良誤認です。ですが残念ながら3割前後も小さいザックが普通のようです。だから思ったよりも荷物が入らないのです。 
 ネットや雑誌の写真などでは、実際のザックの大きさなど分かるはずありません。たとえば、本当は30ℓ の容量しかないザックを正しく「30ℓで1,500g」と表示するよりも、「40ℓ で1,500g」と表示した方が軽く見えます。また、「30ℓ で¥20,000」と表示するよりも「40ℓ で¥20,000」と表示した方が安く見えます。つまり、実際の容量よりも大きく表示した方が軽く安く見えるのです。最初からそれを狙ったとは言いませんが、結果としていい加減な容量表示が優良誤認となってしまっているのは事実です。・・・つまり、そのような表示よりも実際の容量が2割〜3割も小さいザックは、たとえ重量が軽くても価格が安くても、数字上はそう見えるだけの優良誤認と言えます。実は軽くも安くもない、ただいい加減な容量表示で軽い、安いと錯覚させられているだけです。・・・ちなみにセロトーレのザックは、表示通りの容量が確実に入るよう設計しています。つまり正しく容量表示をしています。[出典:セロトーレ 登山用ザック(リュックサック)の「あるあるネタ」]

私がセロトーレの代表の方から直接伺った時は、「その昔はどのメーカーも適正な容量表示だったが、ある世界的な会社が数値より小さい容量のザックを販売するようになり、その他メーカーも真似するようになった」と話さていました。

以上のように、同じ30リットル表記でも、メーカーにより実際容量が異なる可能性があるため、A製品とB製品で(堅田ログ上は)同じ30リットルだけど軽い・重い、といった精度のある比較ができない状況になっています。

因みに、このページ上で30リットルと書いている場合は、実際に30リットルの容量があるザックではなく、30リットルザックとして売られているザックの容量を基準に話をしています。

楽天ショップに僅かながらレビューが掲載されていて、「肩が痛くならないのは本当だった」「何年も前からこちらを愛用しています」等の高評価が付いてます。個人的には、デザインと機能性をもっとモダンにしたらもっと人気出るのかな、と思います。

 

肩で背負う?腰で背負う?

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

ザック(リュック)には、肩で背負うタイプと腰で背負うタイプがあります。一般的に日常で使われているのは肩で背負うタイプです。腰で背負うタイプはザック背面にフレーム(アルミ合金など)が入っていて、正しく背負うと荷重が腰に乗り、肩の負担が軽減されるようになります。

肩で背負うタイプ

P5270058

このタイプは荷物が重ければ重いほど登山中に肩に食い込んできます。特に下山時はスピードが上がり上半身が前後上下に揺れやすいため肩へ食い込みやすくなります。

腰で背負うタイプ

腰で背負うタイプはザック背面にフレーム(アルミ合金など)が入っていて、正しく背負うと荷重が腰に乗り、肩の負担が軽減されるようになります。

P5270059

背面フレームの形状や入れ方はメーカーにより様々

肩で背負うタイプに比べて背面フレームや部材が増えるためザック全体の重量が増えますが、あまり肩に重さがのらないため、体感的に軽く感じ、登山時間が長いほど楽に感じます

富士登山では

  • 日帰り登山 → 肩で背負うタイプ or  腰で背負うタイプ
  • 山小屋泊登山 →   腰で背負うタイプ

がおすすめです。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

山小屋泊はどうしても荷物が増えて重くなるため、腰で背負うタイプが良いです。山小屋泊で肩で背負うタイプを使う場合はできるだけ荷物を軽量化するのをおすすめします。

開閉はジッパー or 雨蓋

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

最近は、雨蓋式とジッパー式を組み合わせた登山用ザックが一般的になってきています。

ジッパー式と雨蓋式の特徴

ザックを開け閉めする方式は大きくジッパー式か雨蓋式かで分類されます。ジッパー式は、日頃多くの方が使っているジッパーでザック内部にアクセスするタイプで、荷物の出し入れが楽なのが特徴です。

ザックの雨蓋の特徴

雨蓋式は30リットル以上の登山用ザックに多く採用されている方式で、登山上部に雨蓋が付いています。この方式は、荷物をパンパンにつめても故障しにくく、雨蓋の収納が使えて、雨蓋と本体との間に衣類を挟んだり、多様の荷物の増加にも対応できます。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

基本的に単独登山であれば、ジッパー式で問題ないですが、他のメンバーの荷物を背負う可能性がある登山グループのリーダーや子供の引率者(親など)は雨蓋式の方がおすすめです。

登山用のザックがいいの?

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

すでに代用できるリュックを持っているならに無理して新たに登山用を用意することもないと思います。特に年齢が若い方は多少登りにくかったり肩が痛くなっても元気でカバーできます。

フレーム入りザックの方が楽

富士登山に挑戦するのに、日頃使っているデイバッグを使うか、新たに登山用を用意しようか悩む方もいると思います。実際に富士山に登るときに他の登山者の装備を見るとさまざまです。

登山用のザックは、登山者の負担を軽減し、快適に登れるよう設計されています。しかし、すでに代用できるリュックを持っているならに無理して新たに登山用を用意することもないと思います。特に年齢が若い方は多少登りにくかったり肩が痛くなっても元気でカバーできます。

運動不足で体力に自信がない、富士登山をきっかけに登山を始めたい、という方はしっかりした登山用ザックを用意するのがおすすめです。

 

いろいろ試してきました

実は私も初めて富士山登った時はデイバッグでしたが、その後登山用(雨蓋式の腰で背負うタイプ)を購入して登って感じたのですが、歴然とした差があります。あれだけ食い込んできた肩の痛みがぜんぜんありません(特に下山時)。登山時に便利なポケットや機能が多数付いていて快適です。また、数年使ってわかったのですが登山用のザックは丈夫にできているため、そう簡単には壊れません。(生地のポリウレタン防水加工は徐々に劣化し始めますが・・・使い方にもよるので一概にいえませんが耐用年数は5~10年程度です)

たまに低山(高尾山など)で普通のデイバッグで登ることもありますが、やっぱり肩にショルダーベルトが食い込んできて痛くなるため、最近は低山でも登山用ザックを使っています。

女性はできるだけ店頭での試着を推奨

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

女性用ザックについては、女性用だから誰でも大丈夫、という訳ではなく、それぞれの体格によって合う合わないが出やすいです。

女性は体型により合う合わないが出やすい

女性は、男性より肩幅が狭く、胸も膨らんでいる、ウエストの等の身体的な違いがあります。そのため、登山メーカーではザックは、男性用と女性用で分けて作られているモデルが多数あります。

男性と女性のザックの違い

出典:グレゴリー

男性用と女性用のザックでは、ハーネスの形状が違います。ショルダーハーネスは女性用は胸を圧迫しないようにカーブが強くハーネス自体も男性よりも細くなっています。

この女性用ザックについては、女性用だから誰でも大丈夫、という訳ではなく、それぞれの体格によって合う合わないが出やすいことが経験上わかっています。体型に合わないと、肩が痛い、胸が圧迫されて痛い、など痛みの症状がすぐにでます。(それに比べて男性用は、ザックはメーカーによって背負い心地は異なっても、短時間背負って痛くなるケースはあまり聞いたことがありません。)

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

女性は店頭での試着&購入を推奨します。店頭では、必ず重り(5kg程度)入れてください。入れないと負荷がかからないので、身体との相性がわかりません。試着する際には、試着用の重りが用意されている専門店で購入しましょう。試着時にハーネス長など適切に調整して背負っても痛みが出たら✕、違和感の少ない他のザックを探しましょう☆

厳選おすすめのザック

P5250055

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

今まで様々なザックを背負ってきた経験を元にレビューします☆

背負ってきたザック(登山歴10年以上)

今までにいろんなザックを背負ってきました。以下、実際に登山で使ったことあるザック(自己所有&友人から借用)です。

それ以外にも、実際に買う前に背負ったザック(ミレー、マムート、マウンテンダックス、カリマー、オスプレーなど)は数知れず。それだけ背負うと、背負っただけでいいザックかいまいちのザックか少しわかってきた気が?します。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

自宅近くのアウトドアショップ・スポーツショップで富士登山向けのザックを実際見てきました。メーカー品のザックは2万円代のものも多く、全体的に価格上がっていて驚きました。

ハイシェラ コルツ30(おすすめ!)

ハイシェラ(HIGH SIERRA)トレッキングバッグ コルツ30ハイシェラ(HIGH SIERRA)トレッキングバッグ コルツ30

POINT

雨蓋式のアウトドア用バッグCOLTS。ウェストベルトの大きなポケットはスマートフォンやデジタルカメラの収納にも便利です。別売りのマルチケースやパデッドスクエアケースを取り付けることが可能で利便性を向上させることも可能となっており、フロントポケットにはレインカバーも内蔵されています。High Sierra(ハイシェラ)は、良質かつ手頃な価格で製品を提供することをモットーとするアウトドアアドベンチャー/ライフスタイルブランドです。壮大なシェラ・ネバダ山脈からインスピレーションを受け、製品をデザイン・開発しています。

  • 重量:1300g
  • 容量: 30L
  • 35W×65H×23Dcm
コメント

High Sierra(ハイシエラ)はサムソナイトが展開するアウトドアブランドです。アウトドアショップで見慣れないこのザックを発見。ハイシェラ?どこのブランド?ショップのPB商品?と思いタグ見るとサムソナイトのブランドと記載あり。また他メーカーが2万円代の中で目を引く低価格だったので、ちょっと大丈夫か?まあ、試しに背負ってみるかと5キロの重り入れて背負ってみたところ・・・なんだこれは、ちゃんとした背負い心地も良好なザックじゃないか!と驚きました。 他メーカーの2万円台のザックに比べると、1~2世代前の部材使ってますが、シンプルな1気室で背負い心地もしっかりしていて癖もありません(カリマーリッジに近いかも)。

ザック自体は非常にシンプルな作りで、細かな部品もそれほどお金かけてない感じです。(2万とかのザックはメーカーこだわりの部材が使われていますが、このザックは一般の汎用部品・部材を組み合わせて使っている感じです)

ザック底部は、上の写真のように少し細くなっていて、ザックを地面においても自立しませんが、この形状のほうが荷物の重さが体に近くなり、最近のザックでもよく見られる形状です。

全体的に見た目も良く、背負った感じもビシッ!としていて、カッコイイです。

それで実売価格は他メーカーの約半額。驚きました! 

しかも、ザックカバーも付いてます(ただ、底の水抜き、飛び防止のベルトは付いてませんでした、まあこの価格ですので)

  • 値段以上(2021年12月2日):安かったのでそこまで期待してませんでしたが、値段を超える物だと私は思います。背面の骨が割としっかりしており、少ない荷物でもしっかりと形を保て、腰と肩ベルトも長さ調節のほかに引きつけ用の調節も付いており、同価格帯の物の中では大当たりかと思います。このクラスの容量は3個目ですが今ではこいつしか使ってませんし、ダメになるまでこのクラスは買う事は無いです。
  • 服に色移りが!(2021年12月20日):とても素敵なザックで重宝しています。汗をかくと服に色移りするので気をつけてください。
  • 低価格でも使えるザック(2022年10月26日):登山用のバックを1万円以下で探してる方には、かなりオススメ。2万円前後の商品と比べると流石に生地、性能は劣りますが、ハイドレーションが使えてレインカバー付き。トレッキングポールも装着出来て普通に使える。登山用のザックとしての機能は必要最低限押さえているし、雨蓋タイプなのも使い易い。デザインもグレゴリー の傘下だけあってシンプルで変に安っぽくないのが良い◎ 4時間前後の日帰り登山とかなら、これで充分。
  • ハイシェラ??(2023年1月19日):手頃な値段だし、商品画像を見て良さそうではあるけど、「ハイシェラ」って聞いたことないなというのが第一印象。ところが調べてみると米国では名が知れて、スーツケースでも有名なサムソナイトのグループでもあることが分かり、ならば大丈夫だろうとポチってみました。(本来は試着してから買うべきですが・・) 山歩き歴は10年以上、日帰りハイク用のザックを新調したくて購入に至りました。まだ山では使っていませんが、少し離れたスーパー(片道30分)から米10㎏を担いでみた感想は以下の通り。
    ・30ℓのザック単体としては少し重い部類だと思いますが、ウェストベルトがしっかりしており腰で担げてあまり荷物の重さは感じませんでした。(ちなみ身長180㎝で標準体型です)
    ・手頃な価格ですが作りはとてもしっかりしており、質実剛健という表現が合うのでは。
    ・一気室なので荷物の出し入れはし難いかも。とはいえ考えてパッキングすれば問題はないかと。
    ・底面が平ではないので何かに立てかけないと自立せず、それも荷物の出し入れのし難さに繋がっています。
    ・長時間担ぐと背中が蒸れるかも!? ですが、日帰り用なら許容できる範囲かな。
    ・容量は30ℓとのことですが、それより少なく感じました。
[出典:amazon]
https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

久々に掘り出しものザックを見つけたと感じました。amazonに複数のレビューあり、評価も高いです。この背負い心地でこの価格はちょっと驚きです。手頃な価格でちゃんとしたザックが欲しい方におすすめです☆ 細かな不満レビューもありますが、大手メーカーザックの半額以下の価格ですので、それも踏まえて検討されると良いと思います。

 

ミステリーランチ スクリー32(安くはないけど、おすすめ!)

mysteryranch-scree32 ミステリーランチ スクリー 32

  • 重量:1.3kg
  • 容量:32L
  • 3辺サイズ:56cmx29cmx23cm
  • ハーネススタイル:フレーム搭載
https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

ウエストベルトが(慣れれば)簡単に取り外せるので、登山とタウンユースを兼用したい方におすすめです☆ 重量1.3kgとタウンユース用としては少し重いですが、背負心地は抜群で、非常に使い勝手が良いです。最近はこのザックばかり使ってます♬

POINT

10通りの使い方ができる多目的パック。アウトドアから旅行、タウンユースまで幅広く便利に使いたいユーザーの期待に応えるミドルサイズのデイパックです。スクリーは、日帰りのトリップから限られた装備で挑戦する数日のミッションにまで対応するリュックサックです。ミステリーランチ独自のヨークは、ユーザーに最も快適なフィットへ素早く簡単に調整できます。

ミステリーランチ独自の3ジップデザインを採用したスクリーは、ハイキング中も装備を簡単に出し入れできる中型のテクニカルデイパック。ほとんどのアウトドアアドベンチャーに対応できる理想的なキャパシティを備えた多目的なパックです。長い1日に十分な水を運べるようハイドレーションシステム対応で、ウォーターボトルにアクセスしやすいポケットも付いています。トップリッドとウエストベルトに配された大きめのジッパーポケットには、細々とした必需品をまとめることができます。

2022年に購入し富士登山に使用

近年の富士登山では、オスプレー バリアント37(日帰り・雪山・アイスクライミング向け)を使っていて、日帰り登山でもたまに使っていましたが、雪山対応のザックのため作りがガッチリしていて日帰り登山にはオーバースペックでした。でも背面フレームなしのデイバックだと軽登山でも肩に重さが乗って疲れるので、「背面フレーム入りでもっと気軽に軽登山と日常使いを兼用できるザックはないだろうか?」と探して購入したのが、この「ミステリーランチ スクリー32」です。(ミステリーランチはアメリカのザックメーカーで、米軍の特殊部隊用も制作しているようで、機能性と背負心地は非常に良いです)

 

<優れた点>

「スクリー32」の特徴としては、

  • 容量が日帰り~1泊山小屋泊の登山に対応可能な32リットル
  • 背面にフレームが入っていて腰で背負える
  • 背面長を簡単に微調整でき、背中とフレームのフィット感を実現できる
  • 背面フレームが屈曲する構造で前傾時にもフィット感(身体との一体感)がある
  • 開け締めが簡単なジーパー式
  • ウエストベルト(ヒップベルト)が容易に取り外し可能
  • 軽登山とタウンユースを兼用できる

というところでしょうか。今回始めてミステリーランチのザックを購入しましたが、前評判どおり(ミステリーランチ背負いやすいよ、という話は数年前から耳にしていた)よく考えられた高機能ザックです。

ジッパー式でかなり大きく開くので、荷物の出し入れがかなり楽でした。

mysteryranch-scree32 ミステリーランチ スクリー 32

 

詳細な説明は下記動画をご参照。

 

 

 

<気になった点>

実際使って気になった点もいくつかあります。

  • ①登山でレインウェアをちょっと入れておけるような外側のポケットが無い
  • ②タウンユースにはちょっとゴツい?
  • ③荷物の重量が増えると、屈曲する背面フレームの影響で肩に重さがかかってくる

①は富士登山で使って感じたのですが、このザック外側にレインウェアや防寒着を一時的に入れておけるポケット(挟み込む場所)が無いです。

雨が降ったり止んだりの天候の場合、気温が高いとレインウェアを着ていると暑いので、脱いだりするのですが濡れたレインウェアを一時的に挟み込むようなポケットがなくて、どうしようかとなりました。しょうがなくザック内にしまいましたが濡れているものはできるだけ入れたくないので、外側にポケットが欲しかったです。別売品で後付け可能のようですが、どうしようか検討中。

②「タウンユースにはちょっとゴツい?」は、背面フレームとショルダーベルト(肩にかかるベルト)がガチッとしているため、ウエストベルトを取り外しても普段用で使うにはオーバスペック感あります。

③「荷物の重量が増えると、屈曲する背面フレームの影響で肩に重さがかかってくる」は、このザックの背面プレートは真ん中付近で屈曲する構造なのですが、背中へのフィット感が良い反面、ザックの荷物が重いとその重さでザック自体が少し屈曲して重さが逃げて徐々に肩重さが乗ってきてしまいます。一般的な日帰り&山小屋泊装備だけなら問題ないですが、一眼レフカメラなど重いのが入るとちょっと背負心地が悪化してきます。

amazon等にレビューも複数付いていますので、ご参考に☆

  • 細かいところでアーバンアサルトより良くなっている(2022年8月30日):トップカバーのポケットが2つになって使いやすい。フレームが背中に沿う様に湾曲しているのでぴったりとフィットする分疲労感が軽減される(代わりに夏場はやや熱が籠る)。ウエストベルトは分割式になっているので必要がない時は外しておける。両サイドにあるインナーポケットのファスナーが無くなっているのが少し残念。キャリアーをつけたくないバイクに乗るときはこれしか無いと思う。控えめに言って最高。
  •  1day登山によい。(2023年1月8日):もっぱら低山のハイキングが趣味で、オスプレイの22Lを愛用しています。冬場は登りでアウターもミドルレイヤーも脱ぐことが多く、ザックが窮屈なので32Lの本製品を購入。担ぎやすく気に入りました。オスプレイは背部がメッシュになっているので本製品で夏場がどうなるかはこれから確認です。細部の作りも良くいい製品だと思います。
[出典:amazon]

 

 

カリマー リッジ30プラス Medium

POINT

様々なトレッキングスタイルに対応するカリマーの定番中型リュックサック。背面システムには、3Dバックパネルを内蔵し、フィット感と安定性を高めています。

  • Volume 30L+
  • Weight 1,490g
  • フロントポケット、ハイドレーション対応、ワンドポケット、ポールキャリア付き、レインカバー付き
コメント

カリマーはイギリスのザックの老舗メーカーで、リッジは日本でも人気のザックになります。このザックを一文で表現するなら「バランスの良い万能ザック」というところでしょうか。背負心地、機能性、デザイン性のバランスが良く、「登山用のザックを探しているなら、まずこれを試着してみては?」と言いたくなるようなザックです。

5Kgの重りを入れて背負ってみました。2022年に発売された現行モデルもカリマーのザックだなー、といった感じで、背負心地に癖がなく、背負ったときのバランス、フィット感も優れていて、万能選手といった印象です。フロントにあるオープンポケットが便利そうです。ただ、ザック内部へのアクセスが上部のみで、サイドなどからジッパーでアクセスできたらもっと使い勝手が良さそうと感じました。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

サイズは、女性向けのSmall、平均男性の身長向けのMidiumあります。人気製品なので、スポーツショップ等でも置いてる可能性高いです。背負い心地がニュートラルで癖がないので、お店で試着する場合はまずこれからがおすすめです☆ また、ネットでは旧モデル(カリマー リッジ30、名前に”プラス”が付いていない)が値引きされてい販売されています。

 

グレゴリー ズール30&ジェイド28

  • ショルダーハーネスのサングラス収納用クイックストウ。パックを背負ったまま、すばやく安全かつ傷をつけずに、サングラスの取り扱いができます。
  • フロントのメイン開口部は上から下まで開くU字ジッパー式で、キャンプでは荷物の出し入れが容易にできる専用設計のレインカバー付き。雨蓋の裏のジッパー式ポケットに収納され、すばやくアクセスができます。
  • 携帯電話やコンパクトカメラを収納できる特大ヒップベルト・ポケット。
  • 両サイドに伸縮性のメッシュサイドポケット
  • トレッキングポールやアイスアックスを固定する調整可能なアタッチメント・ループとフックアタッチチェストストラップは、ホイッスルを兼ねています。
  • [重量] ズールSM/MD 28L 1.19kg
    ズールMD/LG 30L 1.21kg

    ジェイドXS/SM 26L 1.16kg
    ジェイドSM/MD 28L 1.16kg

 

POINT

2019年に、グレゴリーのズール(メンズ用)&ジェイド(ウィメンズ用)がリニューアルされました。特に”フリー・フロート・サスペンション”と呼ばれる背面の作りが秀逸です。

新しいフリー・フロート・サスペンションは、背面長を調節可能にし、しかも、フレームにテンションをかけることで通気性を高めたバックパネルを使用しています。これは、フィット感と通気性を両立する革命的な手法です。

詳しくは、下の公式動画を御覧ください↓

 

背負った感想

5Kgの重りを入れて背負ってみました。体へのフィット感が柔らかく抜群です。気になるのはサイズ感。最近流行りのザック全般に言えることですが、軽量化のためにショルダーストラップが短めになっていて、ズール、ジェイド共に、体格(背面長)に合わせて、SM/MD、MD/LGの2サイズありますが、これを選ぶならサイズ感の確認が必要です。

 

グレゴリー ジェイド 28 レディース

ドイター フォーチュラ30

POINT

ハイキングに新たな快適性をもたらすライトウェイトで機能的なトップローダー式パックです。行程の長めのデイハイクやトレッキングに適しています。エアコンフォートセンシックの背面メッシュは通気性が高いだけではなく、ヒップフィンと組み合わされ従来以上の快適性をもたらします。二気室構造ですが、ジッパー式の仕切りのため、一気室のように使うこともできます。

  • メイン素材: 210D ナイロン RECYCLED, 600D ポリエステル
  • 収納可能サイズ: 31~40L
  • 留め具の種類: ドローコード
  • 容量: 32L
  • 重量: 1440g
コメント

ドイターは100年以上リュックを作っているドイツの老舗メーカーで、フューチュラは長年リニューアルされていて、最近では2021年に新しくなりました。

5Kgの重りを入れて背負ってみました。ドイターのフォーチュラはカッチリした背負い心地で、グリゴリーのズールよりは硬めで、カリマーのリッジに近いかもしれません。特に腰のハーネスを装着した時に背面パッドが当たっている感じがあります。結構これは好みですね。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

フォーチュラ32はザック下部のジッパーからも内部にアクセスできるので使い勝手は良いです。背負い心地が気に入れば機能性は高く、おすすめのザックです。amazonには結構レビューが書かれていますので参考になると思います。

(amazonの方が価格が安かったです。)

 

ザックの売れ筋ランキング

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

とにかく安く購入したい、という方はネットブランド品という選択肢もあります。一般店舗では取り扱いが無いなため購入するまで実物見れませんが、価格は安く、参考となるレビューも多数付いています。登山向けのザックが5千円程度からあります。

 

まとめ

  • ザックの容量は日帰り20~25L、一泊小屋泊まりの場合30L程度が目安
  • 普段使いを考えるならジッパー式が便利だが、登山においては雨蓋式の方が都合が良い
  • 背負うタイプは腰タイプがおすすめ(特に下りで差が出る)
  • 男性用、女性用ザックがある。
  • 長時間背負っても違和感が無いものを

 

装備・持ち物リスト

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

10年以上の登山経験を元に作成しました。安全・快適な登山の参考になれば幸いです。

【簡易版】「42項目」富士登山の装備・持ち物リスト一覧(クリックで開きます)

服装・装備・持ち物の準備リスト一覧(簡易リスト)

  • -遭難、怪我のリスクを防ぐ最重要装備
  • -登山の安全性・快適性が向上する装備
  • -登山の安全性・快適性が多少向上する装備
  • -あれば便利な装備

こちらの記事もよく読まれています。

富士登山の全体像
装備・持ち物


登山装備レンタル


登山ルート


高山病
天気
アクセス

TOP