マスク砂埃・砂煙の吸引を軽減


お知らせ [2022/09/20更新]
富士登山@2022年

2022年(令和4年)度 富士山の開山期間は、2022/07/01(金)~09/10(土)でした。
現在は主要な登山道は閉鎖されています(詳細は富士登山オフィシャルサイトでご確認ください)


まとめ
  • 富士山の森林限界を超えた登山道には非常に粒子の小さい砂が堆積している
  • 山に雨が降らず晴天が続くと発生しやすくなる
  • 砂埃が発生しやすいのは下山道
  • とりあえずマスクは持っていく
  • 花粉対策用マスクで十分対策できる
  • サングラスも忘れずに

 

以下、詳細です。

※コロナ影響下での富士登山とマスク

コロナ影響下での富士登山とマスク

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

【ポスタ-】Withコロナ時代の新しい富士登山マナー(簡易版)の中に マスクや手ぬぐいなどを1日2枚以上用意するよう記載があります。その他に、密閉式保存袋や手指消毒剤も記載されています。

山小屋宿泊の場合は、最も飛沫拡散防止効果の高い不織布マスクの持参を推奨します。(医療関係者からウレタンマスクは飛沫を小さくし拡散しやすいため山小屋内では不織布マスクの方が良い、と聞いています)。

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

山小屋滞在中にずーっとマスク着用だと、マスクをかけている耳にも負担がかかるので耳に優しい(耳ゴムが太くやわらかい)不織布マスクを用意するのがおすすめです。

以下、コロナ対策を除いた例年の内容になります。

富士山上部の表面には大量の砂塵あり

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

富士山では、山に雨が降らない日々が続くと、山表面の砂塵が乾いて登山者が歩くと砂埃となって空気中に舞う現象が発生します。

 

富士山下山道で見られる砂埃・砂煙

2018/07/19 吉田・須走ルート下山道で舞う砂埃

下山スピードは人によってそれほど差がありませんから、下山中に前の登山者達が巻き上げた砂埃が自分に降り掛かってきます。このような時、砂埃の吸引を軽減するため、マスクの着用が欠かせません。

砂埃対策用マスク

 

砂埃とは?

砂埃の原因は粒子の細かい砂塵

2018/07/19 吉田・須走ルート八合目付近

富士山の登山道には非常に粒子の小さい砂が堆積している箇所が多数あります。非常に粒子の小さく、手で触ると非常にさらさらしています。この砂塵が富士山の登山道のいたるところに堆積しています。

砂埃が発生しやすいのは下山道

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

粒子の細かい砂塵は、富士山の樹林帯を超えた場所では、いたるところに存在します。しかし、実際空気中に舞うのは、ほぼ下山道になります。

登りルートの場合、歩行スピードがゆっくりなため、ほとんど砂が舞い上がりません。

しかし、下山道の場合は

  • 歩行スピードが早い
  • スピードが出すぎないようにズザザザザッと靴底でブレーキをかけながら進む
  • 後ろ足の靴底が上がるためソールが噛み込んだ砂が跳ね上げられる

といった理由から、砂埃が発生します。

砂埃が発生しやすい場所

吉田ルート下山道

吉田ルートは、最も登山者の多いルートで、下山道の歩行者も多くなります。そのため、前の登山者との距離もそれほど開かないため、前の登山者の巻き上げた砂埃が全身に降り掛かってきます。(また、自分自身も後続登山者に振りかけてしまっています)

砂埃がいたるところで発生

2018/07/19 吉田・須走ルート共通の下山道、八合目付近。砂埃が舞う様子が遠くからでも確認できる。

 

特に酷いのは、団体登山者が通過したときです。

団体下山だと、砂埃量も多い

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

もう、マスク無しではまともに呼吸ができません。(マスクを用意してなかった登山者は服やタオル等で鼻・口を覆ってました)

須走ルートの下山道

須走ルートの下山道は山頂~八合目まで吉田ルートと共有で、ここは砂埃が発生しやすい場所です。

八合目以下では、砂走りがありますが、ここも砂埃が発生する可能性があります。

須走ルート下山道 砂走りで砂埃発生

2018/07/19 須走ルート 砂走り

ただ、須走ルート(八合目以下)は下山者がそれほど多くないため前の登山者との距離を開けることができ、砂埃の影響を避けやすいです。(ただし、団体登山の場合は先頭の人が砂を巻き上げるため後続者は砂を被ります)

御殿場ルート下山道

 御殿場ルートの下山道も砂埃が発生する可能性があります。御殿場ルート 下山道

御殿場ルート 下山道

2016/09/01 御殿場ルート 大砂走り

ただ、下山者が少ないため、前の登山者との距離を開けやすいです。(ただし、団体登山の場合は先頭の人が砂を巻き上げるため後続者は砂を被ります)

その他

富士宮ルートは岩場多く、登り下り共有のため、スピード出して下れず、岩場も多いため、他のルートよりは砂埃が発生しにくいと思われます。

 

雨が降らない日々が続いた時は要注意

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

砂埃が発生するのは富士山に雨が降らず、表面がカラカラに乾いたときです。

例えば、数日前に雨が降り、地表が少し乾いた程度だと、それほど砂埃は発生しません。

御殿場ルート 大砂走り

2017/08/01 御殿場ルート下山道 大砂走り

上の写真のように、表面は白く乾いていても、すぐ下は黒く湿っている場合はほどんど砂埃は発生しません。しかし、晴天が何日も連続で続いている場合、地中深くまでどんどん乾いていきますから、砂埃も発生しやすく、発生量も多くなります。ただ、富士山は標高が雲より高いため、一般の天気予報と富士山の天気が必ずしも連動しているわけではなく、下界は曇りでも山頂は晴れ、下界は曇りでも山頂は雨、ということもあります。そのため、山の状況が下界から非常にわかりにくいのが実情です。富士山関連施設のブログ・SNS等で山の状況が発信されている場合もありますので、登る前に一度確認するのが良いでしょう。関連リンクは以下気象関連ページに掲載しています。

とりあえずマスクは持っていく

砂埃対策用マスク

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

マスクは非常に軽量でコンパクトです。使うかどうか判らなくても、とりあえず持っていくことをおすすめします。一般に販売されている花粉対策用のマスクでも十分に効果があります。

サングラスとマスクでしっかり防塵対策

2018/07/19 間違って子供用サイズを持っていってしまったがそれでも十分の効果を体感

また、サングラスも着用することで目に砂埃が侵入しにくくなります。上の写真は砂埃が大量発生した日に撮影したものですが、この状況で問題なく下山できました。

 

 

まとめ

  • 富士山の森林限界を超えた登山道には非常に粒子の小さい砂が堆積している
  • 山に雨が降らず晴天が続くと発生しやすくなる
  • 砂埃が発生しやすいのは下山道
  • とりあえずマスクは持っていく
  • 花粉対策用マスクで十分対策できる
  • サングラスも忘れずに

 

砂埃対策用マスク

 

装備・持ち物リスト

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

10年以上の登山経験を元に作成しました。安全・快適な登山の参考になれば幸いです。

こちらの記事もよく読まれています。

富士登山の全体像
装備・持ち物


登山装備レンタル


登山ルート


高山病
天気
アクセス

TOP