富士山で観察できる高山植物の花々


お知らせ [2022/09/20更新]
富士登山@2022年

2022年(令和4年)度 富士山の開山期間は、2022/07/01(金)~09/10(土)でした。
現在は主要な登山道は閉鎖されています(詳細は富士登山オフィシャルサイトでご確認ください)


オンタデ

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/point01-300x300.png

富士山には、様々な高山植物が生息しています。各五合目の登山口のから森林限界に至るまで、高山植物の花々を観察することができます。

登山中に観察できる高山植物の花々

特に、御殿場口新五合目(標高 約1,450m)から始まる御殿場ルートや、樹林帯の長い須走口五合目(標高 約2,000m)から始まる須走ルートは、他の五合目より標高が低いこともあり、多様な高山植物を観察することができます。

登ることで一生懸命で、なかなか道端の植物まで目が行き届かないかもしれませんが、植物たちは人知れず花を咲かせています。

何度も富士山に登り、写真がたまってきたので、まとめて掲載することにしました。今後、新たに撮影したら追加する予定です。(※花の写真をクリックすると拡大します)

オンタデ

オンタデ

 

オンタデ

標高の高いところに適応でき、富士山の五合目以上に広く分布しています。

 

イタドリ

イタドリ、メイゲツソウ

イタドリ、メイゲツソウ

 

イワツメクサ

イワツメクサ

イワツメクサ

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ

ムラサキモメンヅル

ムラサキモメンヅル

ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)

ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)

ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)は花が大きく、よく目立ちます。

 

シモツケソウ

シモツケソウ

シモツケソウ

フジアザミ

フジアザミ

フジアザミ

ミネヤナギ(峰柳、別名ミヤマヤナギ)

ミネヤナギ(峰柳、別名ミヤマヤナギ)

ミネヤナギ(峰柳、別名ミヤマヤナギ)

 

クルマユリ

クルマユリ

クルマユリ

シロバナヘビイチゴ

シロバナヘビイチゴ

シロバナヘビイチゴ

ミヤマオトコヨモギ

ミヤマオトコヨモギ

ミヤマオトコヨモギ

ミヤマハンショウヅル

ミヤマハンショウヅル

ミヤマハンショウヅル

 

タカネバラ

タカネバラ 富士山

タカネバラ 富士山

野生のバラです。花は小ぶりですが、鮮やかな花の色が際立っていました。

 

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ 富士山

 ヤマオダマキ 富士山

 

最後に

いまいち人気が薄い須走ルートですが、樹林帯が長く、高山植物の観察には最適なルートです。登山ルートからも多種の花々を見つけることができます。

個人的には、ハクサンシャクナゲやクルマユリは、「あ、こんな場所に華やかな花が咲いている!」と発見した感がありました(^^)

装備・持ち物リスト

https://fuji-climb.com/wp-content/uploads/fukidasi01-e1629959733265.png
管理人

10年以上の登山経験を元に作成しました。安全・快適な登山の参考になれば幸いです。

こちらの記事もよく読まれています。

富士登山の全体像
装備・持ち物


登山装備レンタル


登山ルート


高山病
天気
アクセス

TOP